« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の23件の記事

2009年10月30日 (金)

丘の上の"PORT"

Lalaport_on_the_hill

AT-X 165 PRO DX

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

life

Life

EF 100-300mm F4.5-5.6
今日はさすがにめちゃめちゃ疲れました。
一日中外出していて、足も腰もジンジンして痛いです。
当分こういう事は出来ないかもしれませんが…。

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

つぼみ

Buds

90mm MACRO 272E
今日は一日雨でしたね。結構嫌な気分です。雨が嫌いなもので…
明日は天気予報的には晴れそうな感じもしますけど、天気図を見る限り全く信じられません。
晴れて欲しい事は確かなんですが…

| | コメント (0)

古庄

Furusho

今日のはコンデジの写真です。でもDPPでちょっといじってます。

このブログ内の写真と、左サイドバーに入り口がある「portforio」の写真は
別々にアップロードしているのですが、
時々それぞれの写真の数を見ると、その度に写真の枚数に差が出来ているんですね。
ブログには写真が欠かせないのでかならずアップしていますが、
portforioは忘れちゃう事が結構多いみたいです。
もうどれをアップしてあってどれがアップしてないか見ていられないので
補完の予定はありません。
というかこのブログ自体もそうですが、ましてportforioなんてどれだけの人が見てくれてるのか…

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

朝顔

Morning_glory_2

90mm MACRO 272E

| | コメント (0)

隙間

Chink

90mm MACRO 272E

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

川で

At_the_rever

AT-X 165 PRO DX
つい今しがたの事、右手の親指の爪が、左側面の上から数㎜の所から内側に向けて4ミリくらい割れてる事に気付きました。
いつそんな事が起きたのか??全く気付かず…
今それを切り落としてしまうと絶対出血するような位置ですし、既に若干内出血しています。
こういう、生活にもろに影響するアクシデントって大嫌いです。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

油絵みたいな雲

Clous_like_an_oil_painting

AT-X 165 PRO DX
あんまり上手く表現出来ていないかも知れません。
ここ最近、雲が絵画のような感じの時が多くて気に入ってます。
それを言う度妻はポカーンとして、あっそ、という感じですが…
多分僕自身のその「絵画のような」という表現自体が、
どの絵画なのかはっきりしないし、抽象的すぎるんだと思います。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

With my baby

With_my_baby

AT-X 165 PRO DX
ある人が「本当の友は、相手の幸せを共に喜べるものだ」と言いました。

その友は僕の幸せを共に喜んでくれました。
僕もその友の幸せを喜べています。
僕は彼の幸せが本当に嬉しいです。

僕達は本当の友です。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

evening

Evening

AT-X 165 PRO DX

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

インスピレーション

Inspiration

AT-X 165 PRO DX
15日付の記事に書いた、どっかの外国人からのメールの件ですが、何となく誰かわかりました。
僕のNYの友人の、奥さん(も友人ですけど)の弟っぽいです。
その人は会った事がないし、名前もちゃんとは知らないんですが。
そのNYの友人がfacebookを既にやっている事が昨日わかり、"友人"の登録をしたんですが、
彼の"友人"リストのなかにその差出人の名前がありました。
その名字には大変覚えがあって、奥さんの旧姓と同じだったのです。
お父さんが中国系で、その名字をスペイン語風にした名字なので、かなり特徴的なんです。
それで、その友人がきっと色んな人に一斉にメールを送ったか何かした時に、
その人に僕のアドレスが渡ったのではないかと思うのです。
まぁその人ならば信頼できる部類の人だというのは解ってるので全然問題はないんですが。
今度そのNYの友人に聞いてみようかなぁ…

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

lights

Lights

AT-X 165 PRO DX
僕がデジタル写真を始めた頃に色々と読みあさっていたフォトブログの中の一つに、
ある女性のフォトグラファーのものがありまして、その方は元々趣味だったと思いますが、
それが高じて、いや、センスもあるんでしょう、結果的に今は多分プロのフォトグラファーとして活動しているようです。

その人のブログにあったんですが、
NYで写真をファインアートとして学んだ人の話として、
あちらでは撮るというのは数パーセントのことで、それをどうプリントで表現し、
それをどう見せるかということを学ぶもので、写真というのは撮ることだけではなく、
むしろそれは始めのパートに過ぎない
…というような話がありました。(勝手に要約させてもらいました)

僕が一番最初にやったフォトログに、レタッチはしない主義、みたいな事が書いてありました。
国内では同じような「撮って出し勝負」みたいな感じの人が多い気がします。
まぁ僕の様な下手っぴがこんな話をするのもアレなんですが…

僕はある会社の「写真部」にいた事があって、そこでルート集配を主にやっていましたが、
集配の後に少し現像の手伝いをしてもいました。あ、つまり銀塩時代ですね。
その時期に一度か二度くらいプリントをやらせてもらった事があるんですが、
まぁ銀塩だとレタッチ要らずの写真なんてまずないものなんですよね。
上述した「最初にやったフォトログ」は、その時期より後ではあるんですが、
今現在は全く考えが違っていて、そのNYでの教え方に賛成です。
何てことない「作品」ですらない写真さえ、何かしら補正が必要なんですから、
「作品」にするのに何も触れずに出すというのは、あまり考えられないです。
日本ではそうしてる人も大勢でしょうけども。
僕はネット上でしか表現してませんが、撮った写真をそのまま出すという事はかなり少ないです。
「後で何とかすればいいや」という考えというのともちょっと違います。
撮る時にも色々考えるし、現像の時にも色々考えます。

そんな僕も実はトリミングだけはあまり好きではないんですね。
特に広角側は、歪曲やパースペクティブが出ますから(嫌いじゃないので普段修正かけないんです)、
それを例えば中心以外のどちらかに寄せてトリミングしたら変になりゃしないかと思うのです。
そのトリミングを、今日はやってしまったのです。しかも片側に寄せて…
その必要を感じたからですが、何か変になりそうで気になったので、
歪曲補正は今回かけてあります。

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

on the stage

On_the_stage

90mm MACRO 272E
最近ちらほらとスパムコメントが来てます。
1日1件てとこですが、全部エロ系。
勿論公開前に削除してますが、ココログのシステムってスパム対策が弱すぎますよね。
コメントもトラックバックも、スパム対策はハッキリ言って最低レベルな気がします。
seesaaで仕事のブログをやってますが、こちらは更新回数が少ない割にかなりスパムは少ないです。
IPアドレスで自分で登録できるので、かなりワイドにブロックしちゃってます。
ココログはそういう事ができないみたい。

スパムと言えば、昨日、どっかの外国人から、友人達へ、という感じでメールが3通来ました。(同じ人)
あんまり詳しく読まなかったんですが、インドのタタ自動車のナノがどうたらこうたらという話でした。
それで、一応その人が何かしらを友人達に伝えたかったような感じで、
特にスパムでもなければウィルスでもなく、エロ系でもないのです。
不思議なのは、どうして僕のメールアドレスがその人のアドレス帳に入っているのか??
差出人は個人名でした。宛先は何故か僕ではない別の個人名。

…たった今、思い立って検索してみたら、その人の名前はFacebookに登録されているようでした。
で、僕も最近Facebookを始めたので、どっかでつながりがあるのかも知れないですね…
でも、Facebookって友人でもない人にメールアドレス公開されるんですかね??
なんかちょっと気持ち悪いですが、まぁとりあえずウィルスとかはあまり関係なさそうなのでしばらく様子を見てみようと思います。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

blowing and blooming

Blowing_and_blooming

90mm MACRO 272E

| | コメント (0)

Heartwarming

Heartwarming

90mm MACRO 272E
持ち込みの仕事がつい今しがた終わりました。デッドラインは明後日。
明日は気持ちに余裕を持って過ごせそうです。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

in the wind

In_the_wind

90mm MACRO 272E.
娘が初めて寝返りをうちました。
ちょうど僕が部屋にいない時だったので、
僕が見れたのは妻が撮った、寝返りが終わってうつぶせっぽい状態の娘の携帯ムービーでした。
何にしろ子供の初めてのものっていうのは記録に納めておきたいものですよね。
その後幾らでも見られるものだっていうのは解っているんですが。

| | コメント (0)

A_tree

EF-S 10-22mm

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

LOVE HAWAII

Love_hawaii

AT-X 165 PRO DX
今日一日あまり体調が良いとは言えない状況だったんですが、
夕方熱をはかると微熱がありました。風邪っぽいです。
夜に予定がありましたが、今の時期何があるかわからないのでキャンセル。
人にうつすのも、弱ってる時に誰かから何かもらうのも嫌です。
早い所治したいです。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

標識

Signs

A09
乱雑にタイピングしたら誤って一旦送信してしまいました。
これはマカプウの入り口です。

EOS7Dが出て、2日には発売になりましたよね。
「フラッグシップ」として出て来ましたけれども、ネットで値段を調べると、意外にももう15万円台。
意外と安いフラッグシップですね。まぁ今の僕にはおよそ買えませんが。
スペックとか機能からすると結構羨ましい機能もありますけれども、
どうもオートライティングオプティマイザーが上手に働いてなかったり、
オートホワイトバランスがなかなかトリッキーだったりと、
さすがここ最近初期ロットの不良がお得意のキヤノンらしい展開になってる気がします。
我が40Dの時も最初の頃には”振動問題”があったりしました。僕のは幸い大丈夫でしたが。
でも、7Dについては上述したようなものはファームアップで何とかなりそうな感じですね。
5DMarkIIの黒点問題までファームウェアでねじ伏せたのはあまりに強引だったと思いますが…
とりあえず買った人がみんな幸せになれるような物作りをして欲しいですね。
「Made in Japanなら大丈夫」という安心感はここにはないのでしょうか。

7Dもまぁ気になるといえば気になりますけれども、
僕にしてみれば次にカメラを買えるならばフルサイズにしたいです。
僕には機動力はそう要りませんので、少々とろくても5D系のカメラが欲しいです。
5Dでも5DMarkIIでも降ってこないかなぁ…

あるわけないか。

| | コメント (0)

きらいなもの

What_i_dont_like

AT-X 165 PRO DX
F-1鈴鹿GPが終わりましたね。3年ぶりの鈴鹿GPだったんですね。
結果の方は、まぁ…ベッテルおめでとう、くらいなもんでしょうか。僕にははなはだつまらんレースでした。
最後、アルグエルスアリのクラッシュで出たセイフティカーが引っ込んだ時に、
いつだったか、フィジケラをパスした時のようにライコネンがハミルトンをパスしないかなーと思ってたんですが…
(ハミルトンの車がKERSに何かトラブルがあったようだったので)それも起こらず、
その後もそのままレースが終わりまして、本当につまらん結果でした。

レース終了後、上位3人が体重を計測して表彰台に上がる時、
通路に世界的に見て露出の多めなレースクィーンが大量にズラーっとならんで拍手してましたが、
あの気持ちの悪い下品でナンセンスな演出には開いた口がふさがりませんでした。
本当に恥ずかしいです。あんなのが世界中に放映されて何かいい事あるんでしょうか?
ただでさえここ数年のフジテレビのF-1の放送は非常に気持ち悪い世界なのに、
そこにさらに下品な演出が加わって、最後の最後に大変嫌な気分になりました。

とか言いながら本編に戻りますが、初めて聞いた佐藤琢磨さんの解説ですが、
周りの振りも良かったですが、物凄く興味深くて面白い事を沢山話してくれて、
英語力も一番あったし、とても良い解説だったと思いました。
まぁ彼について言えばあんな所でレースを見る立場にいるなんて本当に屈辱的だと思いますし、
僕も彼のレースは(彼の国籍一切関係なく)けっこう好きだったので、
本当なら彼にはグリッドに並んでレースをして欲しい所ですね。
でもレースできないならこれから全レース解説してくれてもいいなって思うくらい楽しい解説でした。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

日光を受けて

Recieving_sunlight

AT-X 165 PRO DX
ステファノ・ドメニカリは、ライコネンの契約打ち切りに際して
「ライコネンについてネガティブな事を言うことは絶対にない」と言っていました。
それで、アロンソの移籍、ライコネンの放出については、フェラーリの将来の為、という感じでした。
で、どこか忘れましたが、そのステファノ・ドメニカリがどこかで言っていた言葉ですが、
「ライコネンは全く感情を表に出さない人で、それはチーム内の情報の共有には役に立たない」
というような発言を載せた記事がありました。
その辺りを関連させて考えると、結局ライコネンの性格がフェラーリの開発を遅らせ、留まらせているという
スクーデリア・フェラーリ内の不満があったのかな、と思いました。

ライコネンがフェラーリを去るのは悲しいこと、というコメントを出してましたが、
マクラーレンから移籍した頃には本当に居心地が良さそうでしたし、
その後も居心地が良さそうな発言がずっとありましたから、
そのコメントは本音なんじゃないかな、と思ったりしています。
僕も今でも本当に本当に悲しくて残念な事だと思っています。
乱暴な言い方をすれば、(というか現実ですが)
ワールドチャンピオンをフェラーリがクビにした
ということですもんね。

ただ、彼の性格が色んな所に影響があったのかもな、というのは感じます。
ライコネンが不調だった時、ミハエルはこんな事を言ってました。
「求めてくればアドバイスはしてあげられるけど、キミは求めてこない」。
ミハエルがずっと前から後継者として目を付けていたライコネンですが、
コミュニケーションの部分でチームのビジョンに合ってなかったのでしょうか。
マッサは何度かこんな事を言ってました。
「僕達は"友達じゃないけど"プロフェッショナルな良い関係だよ」。
ちょっとやり辛そう…ではあったのかもしれません。
マクラーレン時代、モントーヤがチームメイトだった時も、
彼は、「チーム内に友達はいない」的な事を断言してましたよね。
ライコネンは仕事は仕事、っていう感じで完全に我が道を行ってる感じがしますが、
マッサはずっとミハエルのポチが出来る人ですから、そういう意味でも
タイトルをとったとらなかったじゃなくて、フェラーリのシステムに上手く組み入れられているのかもなと思います。

ところでアロンソについては、アロンソ自身は、マッサもアロンソもラテンだから上手く行くと言ってましたが、
マッサの方は去年のマレーシアGPでの出来事によって、アロンソにワールドタイトルを持って行かれた
という様な事を言っていて、(シーズンの)やり辛いスタートになると言ってました。
(まぁこれについてはピットの事故でマッサが走り出しちゃったのが悪いじゃんと思いますが)
マッサも自分の実力(笑)を顕示したいし、アロンソは2度もそれを知らしめて来た人ですから、
来年はマクラーレンではなくフェラーリのチーム内部が色々とゴタゴタありそうな予感がしてます。
そういえばいつだったか、レース後に二人が大げんかしてた時もありましたよね。
ドライすぎる程ドライでクールなライコネンの方がよっぽど平和だったりして…

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

飛行機雲

A_vapor_trail

EF50mmF1.8II
二日ほど前から娘の「3ヶ月コリック」なるものが始まりました。
あまり時間帯が限定的ではありませんが、やっぱり夕方以降がメジャーでしょうか。
今日は夕方に40分くらい泣きまくりました。頭を含め、全身汗だくになってました。
また、夜寝る前にも少し泣きましたが、それは夕方ほどではありませんでした。
原因も対策もちゃんとしたものは解明されていないそうですが、
どこかに一説として
母親のお腹の中にいた時のザーっという音が恋しくなる
というような事が考えられるとありました。
そこで、うちはテレビがないし最近のテレビは砂嵐の音を出しませんから、
ラジオのチャンネルがない場所の音を流してみました。
まだ3日目くらいですからデータとしては不十分ですが、
場合によっては嘘みたいに一瞬でコロンと寝てしまいます。
ただ、今日は何度も泣いた中で効き目があったのは1回か2回あったかどうかでした。
全ての子が同じではないかも知れませんが、
何が効き目があるかとか、好きかといった事は、
赤ちゃんにとっては1週間でも人生の中でのかなりの率になりますから、
僕達親から見て物凄くめまぐるしく変化するみたいです。
先週求めていたけど今週はもう求めてない、というのをいつまでも続けていても子供にとっては迷惑なだけみたいです。
そういった変化や、次の傾向を極力早く見抜いてあげるというのが必要だなと思ってます。
今は変化が起きたばかりで次に一番良い対応が見つかってないので、早く見つけてあげたいです。

| | コメント (0)

10月1 ~帰ってきたAT-X165

October_first

AT-X 165 PRO DX
ついにAT-X165が帰って来ました。前に書きましたが、後ピンの調整です。
意地悪なテストはしてませんが、今の所大丈夫そうです。
娘の睫毛に合わせたつもりがベッドに合ってしまった、という事はなさそうです。
ただ、1カットだけ、逆に前ピンじゃね?というのがあったのでちょっと心配ですが…。
まぁ40Dが不安定な部分もありますから、全てをレンズのせいにするのはちょっと間違いですね。

さて、これまでコンデジがなかったので、AT-X165をつけた40Dの写真をアップした事がなかったように思います。
携帯の写真はPCにあるので、もしかしたら携帯の写真だけアップしたでしょうかね???無責任ですみません。
先日買ったという記事を書いた、μTOUGH6000で撮った写真です。
こんな感じ…

40d165

上手く伝えられているか解りませんが、自分としてはこの165の好きな所は見た目のかっこよさがかなりあります。
レンズが先端に向かって太くなっている(フードも)デザインが僕は物凄く好きなんですね。
40Dとのマッチングもかなり良いと思うんですよね。
今年の1月に購入して以来3回も入院してしまいまして、キタムラの店員さんにも
「今年はよく入院しますね」と言われてしまいましたが、それだけこのレンズには期待しているのです。
広角16ミリからというのは物凄く大きいですし、常に付けていたいレンズでありレンジです。
最大限納得のいく状態で使いたいですから!

さて、せっかく165が戻ってきた事ですし、μTOUGH6000の写真も撮ってみました。

Tough6000

TOUGHのシリーズですから、タフネスばかりで画は全然ダメかというとそんな事なくて、
ISO50とか100で撮るとウルトラ綺麗ですし、色や露出のチューニングがめちゃくちゃ雰囲気があって凄く気に入っています。
オリンパスの画っていいー!!!
その辺りの良さは40Dより全然上です。僕の中では。
いっそデジタル一眼もオリンパスに…と思ったりもしますけど、
ぼかすのが大好きで、ただでさえAPS-Cでボケをロスしてるのに4/3ってのはありえないかな…
洒落でE-620とか…とも思わなくないですが、そんな金があったら70-200F4が欲しいし、
あるいは5Dの中古でも買いたいです。AT-X165とかEF-S10-22は手放さないといけませんが。
まぁそんな訳で当面僕のシステムに変化が及ぶことはないでしょう。
コンデジでもオリンパスの画が手に入ったのはとても喜ばしい事です。

さて、今日は異様に書きまくってますが、もう一つだけ。
昨日とても悲しいニュースがありました。フェラーリがライコネンを契約より1年前倒しで放出…。
ライコネンが大好きだった僕には大変なショックです。
アロンソはフェラーリにいる限り勝ちまくれるでしょう。安定して強いでしょう。ライコネンよりきっと開発力もあるでしょう。
でも僕はフェラーリにいるライコネンがとても好きでした。もう今年いっぱいで見られなくなるなんて…。
今年の残り全部優勝して欲しいです。無理でしょうけど。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »